東京工業大学 端艇部員日記

東京工業大学端艇部の漕手、コックス、マネージャー、トレーナー達による日常紹介

東京工業大学端艇部での日々を皆様にお届けします

カテゴリ:大会 > 東日本新人選手権

こんにちは。1年の洋輔です。今回は先日行われた東日本新人戦を振り返りたいと思います。
まず今回シングルで出場した小岩先輩は見事優勝しました。おめでとうございます。自分はエイトの方に出場していたのでレースを見れませんでしたが前日に絶対に勝つと言って自信に満ち溢れていました。さすがです。
一方で自分は同期3人と先輩6人でエイトに出場し、結果は2位で終わりました。今回は元々出る予定だった先輩が病気のため出られないことになり、急遽トレーナーで僕と同期の遊佐君が出ることになりました。当初緊急ミーティングでは練習での3分13秒を超えるのはきついんじゃないかと予測されていましたが、遊佐君が思っていた以上に上手かったのもあり、一日目の予備レースでベストをだせました。これもあり本戦では一橋に勝ちに行くことを目指しましたが、残念ながら負けてしまいました。タイムは前日よりも縮まったのですが序盤のバランスが前日よりも良くなかったです。緊張で力みすぎたのもありますが、勝負できるレースだったので悔しいです。しかし先輩たちと乗れたこの期間は自分自身にとって非常に価値あるものとなりました。またこの期間で得られたものがあるので全日本新人戦に活かして行きたいと思います。
次回の全日本新人戦ではフォアを2つ出します。ひとつは先輩たちが乗り、もうひとつは自分たち1年が3人乗ります。前回と違いほぼ先輩に頼ることが出来ないので、さらに集中していきます。まずは雰囲気から。あと皆さん体調管理にはまじで気をつけましょう。
IMG_2661
 IMG_2660

こんにちは!3年舵手の廣瀬です。

東日本新人の東工大クルー紹介記事でシングルで出場している小岩が忘れられていたので僕から手短ながら紹介させていただきます。

昨日の予選を余裕の1着でゴールし、全体タイム3位と好成績を残した小岩ですが本人はレース内容にまだまだ納得していないようです。

他組の1着に比べるとタイムで劣っている事を気にしていたようですが、ほぼ無風の良コンディションから小岩の組でやや逆風に切り替わった事が原因なので、決勝は焦らず漕ぎ切って欲しいところです。

決勝は千葉大のhg選手と、外語大のkmgikkr選手との三つ巴になると予想されます。スタート・コンスタント・スパート、全てのセクションで順位が激しく入れ替わりうるでしょう。
相手のどちらもコンスタントの1本の伸びがとても強いため、スタートで先行して追われる立場になった場合の落ち着きがキーになると感じています。

この大会に向けて医科歯科大の谷内さんと毎日1000mの並べを繰り返した成果がしっかり発揮されているレースをお見逃しなく!

みなさん応援よろしくお願いします!!!
IMG_0156
 

こんにちは。1年漕手の石橋です。大石先輩が病気にかかってしまい急遽1年トレーナーの遊佐に漕いでもらうことになりました。今回は東工大として出場する初めての大会です。しっかり全力で漕いでいこうと思います!それでは今回の男子エイトのクルー紹介をしていきます。

S 石羽先輩
大きな体格から繰り出される力強い漕ぎと、先輩の正確なリズムでみんなを率いてくれます

7 濱田先輩
東工大で最もエルゴが早いです!!力強い漕ぎで艇を大きく進めてくれます。

6 奥田
1年の中で最もエルゴが早く、2000tt7:00を切りそうな勢いです!マッチョな肉体で力強い漕ぎを見せてくれるでしょう!

5 西先輩
OX盾レガッタで一緒に漕いでくれた先輩です!自慢の大きな体で艇を大きく進めてくれます!

4 東崎
OX盾レガッタでは整調を務めていました!この三週間で大きく成長し、艇を進めてくれるでしょう

3 石橋
この新人戦で力を出し尽くせるように頑張ります!

2 遊佐
急遽トレーナーにも関わらず漕手をすることになりました。ありがとうございます!練習からしばらく遠ざかっていたため心配ですが、全力で漕いでくれることに期待です!!

B 安間先輩
このクルーをまとめ上げる存在です。迫力のある肉体で力強い漕ぎを見せてくれます!

C 水谷先輩
普段の練習で厳しい水谷先輩ですが、アドバイスは的確で1年生はみんな先輩のおかげで成長しました。大会でも迫力のあるコマンドで勝利に導いてくれるでしょう

以上のクルーで僕たちは東日本新人戦に挑みます!ハプニングが多い中の出場ですが、全力を出し切り優勝を狙っていきます!!
IMG_0153
 

↑このページのトップヘ