東京工業大学 端艇部員日記

東京工業大学端艇部の漕手、コックス、マネージャー、トレーナー達による日常紹介

東京工業大学端艇部での日々を皆様にお届けします

カテゴリ: 2020年度入部者

こんにちは。なんかまだ漕いでるというイメージの髙橋です。

最近のことでブログに書くことが、就活のことしか思いつきません。皆さん興味ないと思うので、知られざる大学1,2年生の僕について紹介しようと思います。

中でも印象深い思い出や、変化について書きます。

入学

学生証です。初々しさ残るフレッシュな1枚になっています。

画像1


1年生夏

記憶に鮮明に残る海にいった思い出です。

楽しそうな俺

画像2

 

日焼け失敗

画像3

地獄の1週間を過ごしました。

真っ白な状態から、いきなり炎天下に出れば当然の結果です。日焼けしたいときサンオイルを使うことを知りました。

 

 

同時期にマナビスバイト開始

この直後にスタッフ紹介写真を撮ったので、加工で白くしました。

1年間ほど張り出されてました。

画像4

スタッフ紹介:髙橋将生

 

1年生冬

画像5

ネッ友とオフ会をしました。中々出来ないとてもいい経験になったと思います。

現実世界でも、ゲーム名で呼び合うのがとても新鮮でした。

 

1年生春休み

パーマかけた

画像6

大阪旅行の写真

 

2年生5月

パーマ放置爆発

画像7

パーマにはもう懲り懲りです。

 

2年生夏

この時期から落ち着いてきました。

画像8

LINEのトプ画:河口湖にいった時の写真

一番遊び倒した夏休みでした。色んなところも行ったし、恋愛なんかもしたような、、♡

 

2年生3Q~

大学の対面授業が始まり、園木と出会い、ボート部に入部しました。

 

以上がボートに入るまでです。

お疲れ様です!高橋です。
1ヶ月前締め切りのブログをせこせこと今になって書いています。伊澤くんいつもありがとう。同期の園木も記事を提出してないと思うから、代わりにお尻を叩いておくね。

以前出されたオーダーはインカレまでにやりたいことだったのですが、もう終わっているので書きたいことを書きます。

書きたいことがありません。。
こういう場面に遭遇するたびに、自身の欲望のなさに悲しくなります(泣)

欲望がないと僕が言ってもみんな信じてくれやせんでしょうが、実際みんなが目にしているのは、僕の消極的欲望なのです。
何かをしたくないから、スマブラをする。何かから目を背けて、小説を読む。みたいな
非常に女々しい次第であります。

人生このままではオトコで終わってしまう。漢で終わりたい!
なので、これからの僕の人生のテーマは強欲です。
欲しいものはなんでも手にする次第であります。単位もそう、就職先もそう、あの高嶺の花子ちゃんも手に入れてやります。

このマインドがボート部当初からあれば、色々と現実は変わっていたかもしれないと今になって思います。

積極的な欲は大抵輝かしく、その反面達成が困難な場合がほとんどでしょう。なので積極的な欲を持つことはとても怖いです。でも持たない限りその欲は満たされることは絶対ないことは分かります。

主将はインカレにて返上致しましたが、幸か不幸か今後も後輩に背中を見せるチャンスをいただきました。まずはこのチャンスを生かすべく、精力的に行動していきたいと思います。
 S__130318371
S__130318373

お久しぶりです。4年マネの須田雪音です。

今回のテーマは近況報告と夏休みにやりたいことということでしたが、残念ながら私の夏休みは27日をもって終了してしまいました。そのため私は夏休みの振り返りをしたいと思います。

8月の2週目から始まった私の夏休みは、体調不良になるところから始まります。夏休み直前に研究室でコロナが流行り、夏休み中にコロナになったら最悪だ…なんて考えていたら案の定私も発熱してしまいました。そのまま夏休み1週間目は自宅療養。飲み物を飲むのが嫌になるほど喉が痛くなったのが一番辛かったです。熱が落ち着いてからも倦怠感がなかなか無くならず、体力もかなり落ちてしまいました。

この体調不良のせいで私の夏休みの計画がかなり狂いました。
入部時から楽しみにしていた戸田の花火が見れなかったこと、3,4年振りにおばあちゃん家に行く予定が私だけ行けなくなったこと、普段あまりシフトに入れない分バイトを頑張ろうと思ったのに結局シフト変更で迷惑をかけてしまったこと。
短い夏休みを楽しみに頑張っていたのでかなり萎えました。

残りの夏休みを楽しもうと張り切っていましたが、やはり体力が落ちていてすぐに万全な状態には戻れませんでした。考えてみれば療養期間はろくに食事を取っていなかったので、当然だと思います。そのため復帰後は美味しく栄養のあるものを沢山食べることを意識して生活しました。夏休みの遊びが減った分ちょっとぐらい贅沢してもいいだろと少しヤケになっていた部分もあります。
その過程で今まで高くて手を出してこなかった高タンパクヨーグルト(パルテノ)にハマりました。間食にオススメです。

こんな悲劇もありましたが、なかなか予定の合わない友達と遊べたり、短いけど実家に帰れたり、なんだかんだ楽しむことができました。これからまた研究漬けの日々になりますが、頑張っていきたいと思います。

インカレも近いので部員一同体調に気をつけながら活動できればと思います。私が引退する日ももうすぐですが、残りの日々を悔いなく過ごしていきたいです。
S__263372914
S__263372912
 

こんにちは。四年の森です。

まずは近況報告ですが、先月始まった貧血が治りません。私は中学高校と皆勤賞だったくらいには体調を崩さないタイプなはずでした。しかし、先月突然貧血になりました。ある朝起きると吐き気がし、不思議に思いながらも、実験をしなければいけなかったので電車に乗りました。電車では大学までの一時間ずっと立ちっぱなしでしたが、立っていると、段々頭がぼーっとして、息が切れ、手足が痺れてきました。吐き気もどんどん強くなり、明らかにただごとでないことは分かりました。ギリギリ倒れず学校まで辿り着けそうだったのでなんとか根性で乗り切りましたが、いつもなら改札を出てすぐ大学に向かうはずが、そのまま向かう元気はなく、暫く駅の椅子から動けませんでした。今まで貧血になったことのない私ですが、これはきっと貧血に違いないと思いました。その後も、座っている間は普段通り元気でいられたので、これは貧血だと確信しました。私には、突然貧血になった理由について、一つだけ思い当たることがありました。私はその四か月前から本格的に艇庫生活及び自炊を始めたのですが、自炊の間、出費を減らすため、毎食、肉をごく少量しか食べていなかったのです。一人前一食の肉の量の目安は100g〜200gとされていますが、自炊期間の私は、一日に70g〜140g程度しか肉を食べていませんでした。体内にはヘモグロビンとして使われている鉄分の他に、貯蔵鉄と呼ばれる蓄えの鉄分があるそうですが、きっと肉不足の生活をしている四か月の間に貯蔵鉄も減り、とうとう先月、症状として現れたのだと思います。そこからは、鉄の多い食事を心がけ、今まで一日二食しか食べていなかったところを三食食べるようにし、鉄分のサプリも毎日飲むようにしています。だんだん改善はしてきたものの、今でも朝はよく吐き気がするし、少し動くと息切れがします。ご飯の時間が少しでも遅くなると、すぐに気持ち悪くなったりクラクラしたりします。部員に対し、栄養を取れと言う係なはずなのに、偏った食事のせいで肉をとらないとどんなに大変なことになるか、身をもって知ることとなってしまいました。現役時代貧血気味だったという漕手の話をいくつか聞いたことがあり、また、一般的にもアスリートは貧血になりやすいと言われるので、選手のみんなには、高いけれど、肉はケチらずちゃんと食べて欲しいです。貧血が一回酷くなると本当に大変です。

次に夏休みにやりたいことについてです。まずは引退まで残り期間、マネージャーとしての基本の仕事である、飯炊き、ビデオを一回一回大切にやっていきたいです。また、後輩に飯炊きのやり方などをできる限り丁寧に教えられたらと思っています。部員ともたくさん話して、ボート部の空気をたくさん感じてから引退したいです。ボート部を引退してからは、今まで部活と勉強とであまり友達と遊べなかった分、思い切り友達と遊ぶ期間にしようと思っています。旅行の予定が二つあり、また、外語、海洋、東工大の同期女マネで遊びに行く予定もあるので今からとても楽しみです。ボート部のおかげで出会えたこの四人で、引退した後も、そうやって集まれたらいいなと思います。

ボート部生活、あと残り一か月弱ですが、よろしくお願いします。

4年女マネの須田です。4年に上がり研究室に本格的に通い始めてから、月日が経つのが恐ろしいほど早いです。引退まであと3ヶ月しかないなんて。残りのボート部生活、悔いのないように過ごしていきたいと思います。

6月にしてやっと、今年の新歓がひと段落つきました。一緒に活動していく仲間が増えるのは、やはりとても嬉しいです。新人練がある日は、艇庫がいつも以上に賑やかで、私も元気づけられます。

今回は、自分が新歓を通して学んだことや感じたことについて、少しだけ書こうと思います。

新歓といえば、多くの人の時間と労力を必要とするため、精神的にも体力的にもツラい思いをした経験のある方が多いと思います。どちらかというとマイナスな感情が生まれやすい行事な気がしますが、私がボート部生活、大学生活で一番成長することができたのは、新歓隊長を経験させていただいた、3年の春だと思います。

大学に入るまでは、自分に自信が無かったため人前で自分の意見をズバズバ述べることに抵抗があり、新歓隊長のようなリーダー的役割になることをなるべく避けていました。しかし新歓隊長をやることになり、嫌でもやらざるを得ない環境に立たされてしまったので、最初の方は内心ビクビクしながら活動していました。何が正解か分からず、新歓は頑張ってもすぐに結果がでるものでもないので、ただただ心身ともに疲弊していく毎日でした。しかし先輩方にアドバイスをいただいたり、たくさんの方々に励まされたり、さらに新歓活動も徐々に軌道に乗っていき、少しずつ自信を持つことができるようになりました。

また、自分のボート部への思いを再確認することができた時期でもあります。 前回のブログで書きましたが、私が部活に対してあのような思いを抱くようになったのも、3年の新歓が大きなきっかけの1つでした。

新歓期の活動は、何年経験しても大変なことだと思いますが、このブログを読んだ方たち(特に後輩たち)には、少し前向きな気持ちで次の新歓に臨んでもらいたいと思います。自分のことだけでなく、部員のことも改めて深く知るいい機会です。普段からどれだけ多くの人が支え合ってボート部が成り立っているのか、学ぶことができると思います。

もう来年の新歓に向けて動いている後輩くん、あまり無理せずに一緒に頑張ろうね

↑このページのトップヘ