東京工業大学 端艇部員日記

東京工業大学端艇部の漕手、コックス、マネージャー、トレーナー達による日常紹介

東京工業大学端艇部での日々を皆様にお届けします

カテゴリ:2021年度入部者 > 廣瀬

3年舵手の廣瀬です。

 

五大学レガッタ男子エイトにて、東工大(II)が優勝しました。

↓レースの様子&COX音声記録

第66回五大学レガッタ 男子エイト決勝 COX音声記録付

 

 

受け止めきれないほどの歓声と祝福を受けたあの日から、早くも2週間が経とうとしています。五大が終わったらすぐに振り返り記事を書くつもりだったのですが、激重実験レポートでGW丸ごと潰されてしまったので後回しになってしまいました。

 

練習期間と当日のレースのどちらも、反省点も次に活かせる点も多かったので、五大前日までの練習の振り返り(前編)と、五大当日のレース振り返り(後編)に分けてそれぞれ簡単に書き残そうと思います。

 

 

 

3月中旬のお花見レガッタは、大会前に厳しい練習をこなしすぎて体調を大きく崩す人や、重めの怪我を引き起こしてしまい、悔しくも棄権となりました。

その次の乗艇から五大クルーが結成されたのですが、4月に入ると春休みも終わり、新歓も本格化しだして毎朝練習前から心身ともにへろへろでした。

 

特に、お花見レガッタの同じ轍を踏まないよう、新歓で限られた時間・体力と、シーズン最初の2000mレースへの準備のバランスが非常に難しいところでした。

筑波にも海洋にも、水上での技術で負けているとは思いませんでしたが、体力やコンディションの面では、万全の状態で五大当日を迎えることが出来ないであろうことは明らかでした。

 

そこで、他の大会と全く同じ準備をしたところで勝つ根拠が用意できないと思い、普段の練習に加え、僕の理想の脚蹴りのイメージをしっかり共有してひたすらその練習をしたり、レートコントロール(r3436らへん)の精密さを追求しました。練習に割ける体力が少ない中でのレースにおいては、ひたすら戦術性を磨くことが1つの武器になると考えたのです。(それを操る僕のプレッシャーはより高くなっていきました。)

 

上の動画を見れば分かる通り、少し多用しすぎですが、脚蹴りなどの1つ1つのコマンドに対する応答が非常に良く、特に1200m地点でのミドルスパートはまさに練習してきた成果がフルに発揮された瞬間だったでしょう。

 

後編で書く予定だった内容に触れてしまったので、準備期間の話に戻ります。

 

 

 

大会10日前、何気なく五大当日の天気予報や風向を調べると、南風14m/sとのこと。

 

......台風来んの?

 

雨こそ降らなそうなものの、まさかの横っ風の超強風。僕がこれまで出漕した大会はもれなく黒々とした空に吹き荒れる逆風だったので慣れっこではあるのですが、それも不安材料でした。

そもそも今回の五大クルーが横風に異様に弱いのに加え、僕の経験則ですが、新しい艇ほど横風の影響を受けやすいため、条件としては少し不利に感じていました。実際、レース動画を見返すと、他艇に比べても風の煽りを受けてしまっています。

 

五大の次の日に行われていた東商戦の水上コンディションが完璧すぎてまじで羨ましかった。

 

ただ、たまたま風向・風力が当日に似ている日があって、普段なら強風により乗艇しないところで艇を出して練習することを決行したことについては、とても効果的な判断ができたと思います。

 

 

僕個人としてはこのような練習・準備を経て本番に臨みました。

レース中に思っていたことなどは後編に少し細かく書きます。

 

追記

地球にいるときに天気予報をチェックする際は、windyというアプリがめっちゃおすすめです。

 

以上

廣瀬巧実

S__279339014
 レース前夜、決起会にて

3年舵手の廣瀬です。

ついに今日は大会本番ですが眠れないので五大学レガッタのクルー紹介記事を書きます。
とは言っても、東工からはM8+しか出ないので、その9名を1人ずつ紹介していきます!

五大学レガッタ クルー紹介
M8+ 燕II

S 吉野裕介
燕IIのクルーチーフ吉野くん。

廣瀬からの熱いアプローチの末、お花見レガッタ(※棄権)に引き続き整調を務めてもらいます。リズム感、指導力は一級品。なによりC廣瀬との連携がよく取れていて、名バッテリーが燕IIを引っ張ってきました。

唯一の欠点だったきのこ嫌いも、最近はしめじを克服することに成功。


7 小岩泰治
太もも縄文杉、小岩くん。

吉野が生み出すリズムをBサイへ正確に伝えます。筋肉がデカすぎて、身体が上手く使えているのか、力んでいるのかが僕の目からは分かりません。
廣瀬からのコマンドに返事を返してくれるのが整調ペアくらいなので、本当にありがたい存在です!

毎日彼の本気から生まれる息切れが戸田中にこだましています。(ビジネス息切れではないか?という声も)

気体四天王の1人。単発火力型。


6 濱田脩平
現東工エルゴリーダーの濱田くん。

非生物的な身長と骨格筋量で、2000ttでも圧倒的な実力を誇り、7小岩と追いつ離しつを繰り広げています。8+のエンジンに最も相応しいでしょう。フィニッシュで自分のオールを見る癖を指摘すると、毎回いろんなパターンの言い訳が返ってくるので面白いです。

最近応用化学系(別名 応用化畜系)の課題に追われ睡眠時間が削られているのが不安なところ。実家の蕎麦屋でいつでも食べ放題と引き換えに廣瀬と課題に励む。

気体四天王の1人。自由自在型。


5 石羽立汰
緊急参戦、石羽くん。

彼が五大クルーに組み込まれたのはなんと一昨日!(4/26(水))
お花見レガッタまでの練習で肋骨へのダメージが蓄積され、五大期間は療養+体力維持に努めていました。まさか補欠として本番3日前に抜擢されるとは本人含め誰も考えていなかったでしょう。
6濱田との非生物的身長5番ペアがメインエンジンとして、本番も艇を飛ばしていくのは間違い無いです。

新歓では持ち前のビジュアルを活かして女マネ新歓に多大なる貢献をしてくれました。


4 高橋将生
我らが端艇部主将、高橋将生。

燕IIの精神的支柱である彼は、自分の精神が揺らごうとも他8人の精神を支え続ける最も献身的な漢です。
ここ最近の話の9割はもっぱら自分の睡眠時間について。

所属が完全に同じ直属の先輩だが、廣瀬よりも取得単位数が少ない笑笑笑笑笑( ◠‿◠ )


3 秋元侑
もっさんこと、秋元くん。

冬練期間を経て、悪い癖がどんどん抜け始めているような気がします。大腿の力がドライブにより繋がるようになれば更に体力的に追い込むことができるようになるのでは無いでしょうか。
体調・コンディションに依らない安定感は文字通り抜群。

スクエアが遅いという廣瀬からの指摘を無視し続けた結果、病院送りにされた経歴をもつ。
もっさんの名付け親も廣瀬だが、語感、イメージなど何を取っても完成度の高いあだ名だと自負している。


2 大石一路
ローイングダイエットの第一人者、大石くん。

彼は超生物的な身長と骨格筋量で艇を伸ばす大男。エルゴではr28で心拍数200に差し迫るとんでもねえ体質の持ち主で、2000ttのタイムに対して水上での艇速への寄与はとても大きいと思っています。五大クルー初期の、ピンを押すイメージの徹底によって、さらに一歩強くなった(本人談)。

五大パンフによると今年で29歳らしいが、その真偽は誰にも分からない。


B 安間光一
どの角度から見てもバウ、安間くん。

どっからどうみてもバウな彼は、艇の安定感を生み出す上で必要不可欠。前7人がハンズをまっすぐ出すだけで艇を滑らせることができているのは彼の微調整のおかげでしょう。

つい先日掲載された彼のブログでは「僕は 四天王の中では最弱…」と自称していましたが、固体となれば話は別。彼の右に出るものはいないでしょう。
四天王ってなんだ?と思った方は彼の記事を読んでください。


C 廣瀬巧実
僕です。
五大で優勝するのに必要なのは何か?と考えた結論として、マリオカートで鍛え上げられたレース勘(これは本当)を頼りに、戦術的なコマンドを1ヶ月間準備してきました。細かくは振り返り記事に書き残そうと思います。

1000m,2000mの練習でも、常に横に艇が並んでいることを想定してきたし、毎日布団に入って目を閉じてから眠りに入るまで、ずっと勝ちパターンも負けパターンも何十通りも考えてきました。

夜19時まで筑波のエイトを定点で録ったりもしました。

この1ヶ月着いてきてくれた漕手8人のために、マネージャー、OBのために、これからの歴史を紡ぐ新入部員のために優勝を目指します。


まとめ
S吉野裕介(3年)
7小岩泰治(2年)
6濱田脩平(2年)
5石羽立汰(2年)
4高橋将生(4年、笑)
3秋元侑    (3年)
2大石一路(2年)
B安間光一(2年)
C廣瀬巧実(3年)

他大と比べると、平均学年は丸1年分くらい低い未熟クルーですが、こうして見ると名前の並びがカッコいいのでなんだか勝てそうな気がします。

以上9名で2000m地点まで減速無しで漕ぎ切ります!


※画像には西(後段中央)がいますが、大会では西の代わりに石羽が出漕します
S__4718595部員紹介石羽

3年端艇部主舵の廣瀬です。ずっと失くしていたネックウォーマーが家の使ってない炊飯器の中から見つかったあの廣瀬です。現在舵手3年目です。「舵手」をボート競技を知らない人に説明するときは、オーケストラの指揮者や、野球好きな人にはキャッチャーみたいな感じだと言うと何となく分かってくれます。

 

部員紹介の7人目となりましたが、いまや何人がこの記事を読んでくれるでしょうか。2人いればいい方でしょう。記事の最後のほうに、勉強していた運動生理学についてまとめたノートの一部を貼っておいたのでそこだけでも眺めていってください。

 

①なぜボート部に入ったか

②なぜ今もボート部で活動しているか

③ボート部で成し遂げたいことは何か

 

いきなり自分語りをしろと言われたようで迷ってしまいますが、3つのテーマが与えられたので順番に書きます。

 

 

①なぜボート部に入ったか

僕は福島県立磐城高校出身で、女マネの須田さんは化学部・物理部で一つ上の先輩でした。高3冬までは東京大学理科一類を目指していたのですが、共通テストのリスニングでまさかの満点越え52点を叩き出し、志望校を東京大学から東京工業大学理学院へ格上げしました。

入学してからは朝昼バイトで金を稼ぎ、夜にそれを雀荘で擦り切るような大学生活を夢見ていましたが、須田さんに試乗会へ誘われて端艇部の特殊な環境や、優しくて面白くてカッコいい先輩達に魅力を感じ、気づけば同期の中でも一番最初に入部を決めていました。誘ってくれた須田さんは命の恩人です。いつも部費滞納してごめんなさい。

 

 

②なぜ今もボート部で活動しているか

ボートという競技は関わったら最後、今までの生活環境から生活リズムまですべてがひっくり返るような特性を持っていますが、それでも続けたくなるような魅力があります。ただ、なぜ続けているのかと聞かれると言語化するのが難しくて、ボートに携わっていない自分が想像できないから、というのがしっくりきます。

そして、「みんなは勉強だの就活だのしてんのにこんなに部活ばっかやってていいのかな…」とひねくれていた僕に「本気で一つのことに打ち込めるって素敵なことだよ!」と励ましてくれた磐高の友達の言葉が、今でも心の底から僕に勇気をくれます。

 

僕は舵手として8+が大好きです。それぞれ個性的な体格、特性、癖を持った漕手8人の足並みを揃えて0.01秒でも速く艇を進めるこの役職は僕にぴったりだと思っています。WBC2009の日本代表や、MK8DXJPNのような、全員の個性が輝くチームに憧れて、そんなクルーを目指して日々練習しています。

 

 

③ボート部で成し遂げたいことは何か

とにかく来年夏(2024)の全日本大学選手権大会(以下、インカレ)8+国立大学1位を獲りたいです。昨年のインカレでは東北大、東大、一橋大が610秒近い好タイムで、強豪私立に食い込むような結果となりました。今年、東工大の漕手は、新41(主将・㊗留年見込)、新32人、新27人であることから来年のインカレで最高の結果を残すことを目指し、2か年計画で動いています。個人的には今年の五大学レガッタで625秒、インカレで620秒を目標にしています。部員全員理系という弱味に抗い、乗り越えたいんです。

 

もうひとつ引退するまでにやっておきたいことがあります。東工大端艇部には、知識が組織に蓄積されていかず、数回代替わりをすると折角の良質な情報がいつの間にか失われていくという問題点があります。それに気付いてから、ずっとボートに関連する知識を体系的にまとめたいと思っていたものの、なかなか手を付けることができずにいました。しかし、新2年男マネの伊澤や川島が、部員全員で手分けしてそれぞれの分野に精通した人間になる計画を立案し、始めてくれたためやっと運動生理学の勉強を始めるきっかけとなりました。

 

これからも僕が書く記事にはしばらく運動生理学の基礎についてまとめたノートを載せるつもりなのでそれだけでも読みに来てください。新歓隊長の仕事も放って勉強したぐらい面白いです。

 

なぜこれをブログで公開するかというと、そのうちまとめとして全編を貼るだけでひとつの記事になり、ブログ執筆が1回分凌げると思ったからです。

S__128565268
S__128565270
S__128565271
S__128565272
S__128565273
S__128565274

 

正直、誰が読んでいるのか分からないので、読んでくれた人は名前と「読んだ!」だけでもコメントしたり、直接僕に伝えてくれると嬉しいです。

 

 

この記事を書く中で自分の考え、課題、目標が整理できたような気がします。ブログ開設を一挙に担ってくれた伊澤君にはいつも以上の感謝をしてあげます。ついでに川島にも。

 

あと、LINEで読者登録すると通知来るようになるから部員は登録したほうがいいよ。

伊澤も登録者増えた!って喜んでたし。

 

次の記事は数十年ぶりの散髪でモジャンボからモンジャラへ退化した新3年の秋元鮪です。胃もたれするようなしんどい文章であることが予想されるため、最近調子が悪い方や心臓が悪い方はまじで読まない方がいいと思います。

 

以上

廣瀬巧実
S__128565267
 

↑このページのトップヘ