東京工業大学 端艇部員日記

東京工業大学端艇部の漕手、コックス、マネージャー、トレーナー達による日常紹介

東京工業大学端艇部での日々を皆様にお届けします

カテゴリ:2022年度入部者 > 伊澤

こんにちは。3年マネの伊澤です。
2ヶ月くらい記事を書いていないおかげで、ブログのネタが大量に湧いてきました。
今月はブログ強化月間ということで、最も記事投稿数の多かった1名に伊澤からささやかなプレゼントをあげる予定なのですが、余裕で一位取れそうです。対ありでした。

そんなこんなで、とりあえず今回は今年の新歓について振り返ろうと思います。
今年のボート部新歓では、主にパンフレット・ビラ作成や会計処理を伊澤が担当しました。
東工大端艇部は例年パンフレットを作成しているのですが、今年は伊澤が担当することになったので、盛り込むコンテンツやスタイルの変更など、自分のやりたいようにやってみました。コンテンツの方で大きく変えたのは、「東工大端艇部の歴史」ページを挿入したことですね。

ここで皆さんに問題です!! 
東京工業大学端艇部は、今年で創部何年を迎えるでしょうか?

答えは





↓ 






123年くらいです!!

おいおい、なんだよ”くらい”って

と思った方、僕も同感でした。

現在、東工大端艇部は1901年に創部された、ということになっています。
なぜかというと、実は創部された年がはっきりとしないようなんですね。
というのも、東京職工学校(東京工業大学の源流)時代から学内でボート大会のようなものが開かれていたようなのですが、これが学校(校友会)主催のものなのか、部が主催したものなのか、という明示的な記録が残っていないんです。
当時の資料によれば少なくとも1890年代後半にはかなりボート競技が学内で盛んになっていたようなのですが、 「部」という言葉が資料に記載され残っているのは1901年以降ということなのです。
そういう曖昧な創設経緯を辿って今の端艇部があるわけですが、「東京工業大学端艇部 百年史」を編纂するにあたり、どの年が創部百年かという定義が必要になった時、当時編纂にあたっていた方が「1901年を創部の年にしよう」と決めたことで、ひとまずの決着を得ました。

たかが100年、日本の歴史のタイムスケールと比較してしまえば大変短い時間規模に感じてしまいますが、されど100年。資料を後世に残していくことの大切さをみにしみて感じました。

ところで、今回パンフレットを作成するにあたって先に述べた 「東京工業大学端艇部 百年史」を通読したのですが、これなかなか面白いですね。
元々伊澤が歴史好きだということもありますが、現在自分の所属している組織がどのような過去を歩んできたのか、それを垣間見ている気がして、歴史のページを編集している間はすごくワクワクしながら作業していました。
結局この2ページを仕上げるのにおそらく15時間くらいかかってしまいましたが、自分としてはパンフレットの中で一番好きなページに仕上がっているので大満足です。
せっかくなので、パンフレットの歴史ページを載せますね。
この記事を読んでいる他大学ボート部の皆さん、それぞれのボート部がどのような歴史を辿ってきたのかぜひ伊澤に教えてください!!
スクリーンショット 2024-06-04 17.38.23
※本頁は2024年版新歓パンフレットを作成するにあたり伊澤が編集した資料です。
内容に一部誤りがある可能性がありますので、広く頒布するなどの行為はご遠慮ください。
また、内容に対するご意見などお持ちのOBの方がいらっしゃる場合は、ぜひコメントでご教示ください!


パンフレットの話が結構長くなってしまいましたね。

新歓始まる前の仕事はそれとして、新歓期間中は何してたんだよって話ですが、普通に試乗会に参加してました。頑張りました。たまに奢りました。

伊澤は自他ともに認める会話ヘタ人間なのですが、新歓の時期は結構新入生と会話できたと思います。
なぜなら、話すべきことが大枠定まっているから。
そういう意味では、人と話す機会をたくさん得られたので、自分の会話力成長にも役に立ったなと感じています。
スクリーンショット 2024-06-04 17.57.02


あとは、健康診断ビラくばりの時の練り歩き見回り隊とか、ビンゴ大会の操作卓やったり、アメフトビンゴの補助員の補助(謎)やったりと、色々とやりましたね。
健康診断ビラ配りをやり遂げた石羽くんには頭が上がりません。お疲れさまでした。

そういえばアメフトビンゴの時、構内数箇所に「令和6年度 東京工業大学 入学式」と書かれた立て看板がありました。安間と一緒に構内を歩いていたので、記念に二人して入学式の写真を撮り直してみました。
(安間の写真はここにあります:新歓にかまけて
ここで2年前の自分と今の自分を比較してみましょう!
IMG_3584
IMG_3393(大)
ほぼ変化なし。強いていうなら肌が黒ずんだくらい。



そんなこんなしているうちに、新入生たちが無事入部してくれました。漕手4名COX2名にマネ4名と、相変わらずマネージャーの多い代が続くことになりました(全然悪くないです)。

来週以降、新入生たちから自己紹介の記事が投稿されると思います。ぜひお楽しみに!
 
P.S.
最近、乗艇前のアップでラダーを使っているみたいなんですが、見るたびいつも西くんの腕の動きが変です。誰か下半身と動きの連動している上半身の使い方を西にレクチャーしてあげてください。
スクリーンショット 2024-06-04 18.08.55
 左が石羽で右が西
最新の研究に基づいたティラノサウルスの模型図みたいな手になってますよね 

お久しぶりですね。3年副務の伊澤です。

気がついたらボート部生活2年目を迎えていました。驚きだね。

ジャネーの法則的には、20代はまだまだ時間の流れを遅く感じる年頃みたいですが、僕はよっぽどお爺さんになったんですかね。最近やけに白髪が増えてきたので、それもあながち間違いではないのかもしれません。
 

最近、食堂で夕飯を食べていた時に、こんな会話を部員たちとしていました。それは、自分の家族に関する話です。端艇部公式HPにも書いてある通り、僕は栃木県出身です。県名の田舎くささから臭ってくる通り、僕の父方の祖父母は県南で稲作農家をしています。父は次男で家業を継いでいるわけではありませんが、田植えの季節になると伊澤家は家族総出で稲作農家に転身します。僕もGWになると、ほぼ毎年父の実家に行って田植えの手伝いをしています。何を隠そう、僕にとってGWは泥んこ遊びの1週間なのです。
 

こんな話をしたら、みんな一様に驚いていました。聞くと、みんな学校の授業でしか田植えをしたことがないばかりか、そもそも身内に農家すらいないというのです。これだから都会っ子は。
 

そんなわけで、ボート部には農民の子が僕しかいないらしいんですが、これって結構いいアイデンティティだなって最近感じています。みんながしたことのない経験を当たり前のように積んでいるって、なんだか特別感があってちょっといいですよね。そしてこうやって自分の家族や過去について思いを巡らすと、自分の今の性格や気質が形成されてきた経緯がわかる気がしてきました。不思議。
 

ちなみに今のボート部には、いろいろな人を家族にもつ部員が多くいます。父親が弁護士の奴と検察官の後輩がいるので、刑事訴訟の時にはぜひ二人でバトってほしいですね。実家が日本料理屋をやっている奴もいます。親子丼がうまい!!みなさん食べに行って!!
 

つまり、みんな違ってみんないいってことですね。金子みすず。
 

でも、この2年間をボート部員として過ごして、いまだに栃木出身のボート関係者にでくわしたことがありません。栃木県民よ、ボートを漕げ。
 

そもそもうちの大学に進学してくる栃木人が少ないのが原因の一つですね。栃木県の進学校といったら、宇○宮高校や栃○高校などがその筆頭格ですが、それでも年に一桁ずつ程度。東工大は一学年に1500名の同級生がいるわけですから、その中の栃木県人なんて塵みたいなもんですね。でも東工大OBに目を向けると、なかなか栃木県人も捨てたもんじゃないですよ。例えば野澤一郎さん。この方は栃木県の真岡市出身ですが、なんと現在端艇部の艇庫所在地を部に寄付してくれたのは野澤さんなのです。ちなみに東工大武道場に掲げられている書道の字も野澤さんが書いたものらしいです。そしてこの野澤さんは巴コーポレーションという会社を設立され、その初代社長を務められていました。そのお金で出身の真岡高校に奨学金の基金を設立し、今でもなお県内の学生向けに給付型奨学金を支給しています
(ちなみに僕も大学一年の時にいただきました。ありがとうございます。)
 

といったわけで、実は伊澤はボート部員としても個人としても偉大な栃木県人OBに支えられていたというオチです。ありがとう、栃木県。
 

何が言いたいのかわからなくなっていますが、つまりボート部は十人十色で面白い部活だ、ということです。今年の一年生も、いろんなバックグラウンドをもつ子たちが入部してくれるととても嬉しいですね。栃木県出身は大歓迎です。両腕をあげて号泣して喜びます。
 

1ヶ月後にいる新入ボート部員の面々が楽しみですね。

15ce8612deecd6ecfaed41bf256dbab6
          栃木県はゴリラの横顔です 

 こんにちは。伊澤です。

 直近の記事が出てから、10日近くが経ってしまいました。東工大端艇部のブログを楽しみにされている方々、大変申し訳ありません。現在、僕も一応ブログ編集担当なのですが、どうも人にモノを頼むのが億劫でなかなか記事提出を催促できないうちに、いつの間にかこんなにブログの更新間隔が空いてしまいました。これからはコンスタントを意識していきたいですね。

 

 最後に僕が記事を書いてからかなり時間が空いたので、記事のネタも結構溜まっています。今回の記事で全部書くのは無謀なのでやめますが、更新頻度が低い分長文を書こうかと思います。お題は、今年1年間の振り返りです(外語大ボート部のブログに触発されました)。

 

 

4月〉

 今年度の初めは、個人的にかなり頑張った時期だったと感じています。というのも、実は学外のとある学生団体の新歓へ参加してみたのです。普段あまり自発的に行動しない僕にしては、なかなか思い切った行動だったと思います。何せボート部への入部を決めたのも、最初に新歓に参加した運動部が端艇部で、それ以外の新歓に参加するのが面倒だったくらいなので。
IMG_5778
 学生団体の新歓で訪れた経済産業省最上階会議室から見下ろす財務省
 

  ボート部の方では、なんといっても新歓に精を出しましたね。連日続く試乗会。新入生獲得のために尽力しなければならないのは重々承知していましたが、かなり骨が折れました。
 IMG_5809

多分大岡山でのビラ配りの後の夕食@伯爵池袋東口店

明らかに場違いな服装ですね。
 

 ところで、この頃は色々なところへ出掛けて外食をしていました。食べログで美味しそうな店を調べては、試しに食べに行ってみました。おかげで今財政難な訳ですね。でもなかなか楽しかった記憶が残っているのでOKです。
  

5月〉

 田舎出身者なら、ゴールデンウィークの時期に何をするかはお決まりのはず。そう、田植えですね。

僕の父の実家は栃木で稲作農家をしています。場所により日程が異なりますが、うちの場合はGWにちょうど田植えの時期がやってきます。そのため、僕たち一家は毎年田植えの手伝いをしに父の実家へ行っています。とはいっても、中高時代は勉学に勤しんでいたので行けていませんでしたが。
最新の写真を表示 2

手で稲を植えているところ

田んぼの端は機械を入れにくいので、手作業で植えていきます。

いくら栃木でも田植え機はあるので、ご安心を。

 中旬には、うちの主務さんと一緒に早稲田大学に行きました。別に早稲田はメインではなく、目的は高田馬場にある「とん太」というとんかつ屋です。でもせっかく早稲田に行ったので、生協みたいなところで早稲田スウェットを買って帰りました。今でも愛用しています。
IMG_5880

夜の大隈重信と対面する伊澤

 東工大端艇部ブログの記事にもなりましたが、濱田がめちゃめちゃ体に悪そうなトーストを食べていたのも5月でしたね。
IMG_5916
いつ見ても体に毒(うまそう)なトースト

6月〉

 月初めに、関東を大雨が襲いましたね。荒川の防ぐために戸田ボートコースに水を流入させたようなのですが、おかげで船台はこの通り。こんな戸田は初めて見たので、なかなか新鮮でした。 
IMG_5932
船台に乗って水深を手で推測する小岩くん

 大石が地惑の授業で使うための石を探すとかいって、18日に夜の荒川河川敷に繰り出していきました。見てわかる通り荒川河川敷はかなりしっかり堤防工事がされているので、土着性強めの岩石が見つかるわけもないということは想像に難くなかったわけですが、予想に反せず結局大石が目当てとしていた石は見つからなかったようです。それはともかく、こんなガタイのいい男が22時の河川敷で石拾いをしているなんて、側から見たらどれだけ不審に見えたことでしょうね。
IMG_5976
石拾いの帰りに撮影した夜の戸田ボートコース

 19日に一橋大学へ行っています。なんのためだったか覚えていませんが、おそらく学生証発行をお願いしに行ったのだと思います。僕は現在四大学連合文理総合コースに所属しているため、一橋学生証が教場試験で必要になります。そのために、わざわざ小一時間かけて一橋まで行ったのでしょうね。一橋大学は、東工大と違って煉瓦造りの歴史を感じさせる建物ばかりでした。僕的には、一橋のキャンパスの方が好きですね。 
 IMG_5978

大学本部(多分)

 

7月〉

 僕が昨年で一番力を注いだイベント、学内レガッタがありましたね。やってみるまで知らなかったのですが、学内レガッタ開催はかなりキツい仕事でした。事前段階として、大学支援課との調整やビラ作成、学内への配布や当日参加する運営メンバーの動線作り(これが一番大変だった)…

ちなみに、今現在も学内レガッタの事務作業は終了していません。これはある意味自分の怠惰のせいでもあるのですが。
IMG_6056
 オール付け替えのため、回漕レーン上に止まるナックルへ爆速で新オールを届ける伊澤
 

 そして再度の一橋。今回は、憲法学の講義の教場試験を受験しに行きました。少し早めに国立へ到着したので、知るカフェ一橋大学前店に行ってみました。東工大店とは大違いですね。何より椅子が座りやすい。

ちなみに憲法はちゃんと得単していました。
IMG_6150

試験を受けた講義棟 

本来の試験日に受験できなかったので、受験者は僕一人でした。

 

8月〉

 85日には、戸田橋花火大会がありましたね。戸田艇庫から花火がこんなに綺麗に見えると思っていなかったので、外に出かけず楽しめてよかったです。

僕が働いているジムの会員さん曰く、昔の東大や早稲田などは艇庫屋上を観覧席として開放していたようです。東工大はどうだったかわかりませんが、もし今年も一般開放していたらさぞ賑やかだったことでしょう。そして東工大生のやかましさが世に知れたことでしょう。 
IMG_6195

濱田と川島 楽しそう
 

 久しぶりに栃木に帰りました。別に最寄りというわけでもなく、宇都宮駅へふらっと行ってみた時のこと。昨今話題を呼ぶLRTが試運転していました!宇都宮は、日本一の都市への歩みを進めましたね。 
IMG_FE293B74D501-1

JR宇都宮駅東口から撮ったLRT

 

9月〉

 今回は個人的1年間の振り返りなので書きますが、月初めには所属している学生団体が開催するコンテストに運営側として参加しました。長い期間をオリンピックセンターで過ごしたので、普段思わないのに艇庫が恋しくなりましたね。
IMG_1293

真面目な顔で資料に目を通しています

 

 中旬には、中学時代の友達と草津まで男二人旅をしました。草津いいところだな〜と思いました。でも最近TVで「草津は泉質が酸性だから、車の塗装や電化製品はすぐダメになる」と行っていたので、旅行で温泉を楽しむくらいがちょうどいいですね。 

 IMG_1363

めちゃめちゃ緑
 

 人生で初めて、一人で観光地にいきました。弾丸国立科学博物館観光です。別に行く予定なんてなかったんですが、色々あっていつの間にか上野にいました。到着して気づきましたが、2023年は関東大震災発生から100年の年でした。せっかくなので企画展に足を運んでみました。この震災によって、端艇部が最初に居を構えた蔵前艇庫も焼失したわけだから、私たちボート部員にとっても他人事ではないのかもしれないですね。
 IMG_1458

企画展のパンフレット
 

なんやかんやあって、8~9月は色々なところに出かけていました。懐かしいです。

10月〉

 人生初めてバーというところにいきました。学生団体経由でやってきた国会議員さんのイベントの帰りに連れて行ってもらった千代田区のバーです。何が何やらさっぱり分からず、とりあえず先輩の注文と同じものをいただきました。名前は忘れましたが、泥臭いけど美味しいやつです。バー通の方、どなたか教えてください。
 IMG_1643

メニューを広げているのに、何を注文したか分からない
 

 中旬、チームラボなるところに行ってみました。建物からして綺麗でしたが、内観もとても素敵で面白かったです。帰りに見た豊洲の夜景に息を呑みました。
IMG_2194

豊洲 綺麗

 

11月〉

 艇庫の暇人たちを引き連れて、早稲田の学祭にいきました。引き連れてと言いましたが、僕は僕でいきたいところがあって行ったので、正確には「たまたま一緒に行った」です。残念ながら目当ての玉木雄一郎衆議院議員の講演には時間的に間に合わず、かといってそれ以外に寄る企画も考えていなかったので、何もせず帰りました。

意味が分からない。 
 IMG_2317

写真はちゃんと撮ってきました
 

 ところがどっこい。時間を作って駒場祭に行ってみると、今度は講演会開始時刻にちゃんと間に合い、無事玉木議員のお話を聞くことができました。

なぜ、玉木代表の話を聞きたかったのかというと、ちょうどこの時期に「社会問題の構造化」というものを考えていたからです。玉木さんの講演内容の是非はともかくとして、このような社会問題の関連付けの方法は学びになりました。
 IMG_2427

若者からおじさん(大学教員?)までたくさんのオーディエンスがいました

 

まだ12月以降が残っていますが、疲れたのでやめます。

007「慰めの報酬」を流しながら記事を書いていましたが、ダラダラしすぎて〈9月〉を書き終わるころには映画も終了していました。続きはまた今度書きます。

 実は今、新歓パンフレットを作成するために東工大の歴史を掘り起こしています。その中で色々と面白い事実が見つかってきたので、ゆくゆくは記事にしようかなと考えています。

自分の地元も然り、部活も然り、その文化や組織に愛着を感じるために、その歴史を知ることは大切ですからね。ぜひ部員のみんなにも端艇部の歴史を知ってもらいたいと思います。

 

今回はかなり長い記事になりました。次回誰が書くのかわかりませんが、多分また僕になるのかなと勝手に思ってます。そうならないことも願っていますが。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

副務 伊澤 諒

こんにちは。2年副務の伊澤です。

 先日12/3に、東工大蔵前会館で学年幹事会・懇親会が開催されました。
学年幹事会では現役部員全員が参加者に向けて新シーズンに向けた抱負を語る時間が用意されているのですが、僕の話が長すぎて先輩に失笑されてしまっていたようです。僕の次に話した濱田くんも「長すぎて話すタイミング分からなかった」と言っていました。すみませんでした。
 学年幹事会で驚いたのは、OBOGさんの多くがこのブログを読んでくださっているということです。てっきり戸田公園の現住民たち+αくらいしかこのブログを見ていないと思っていたので、読者層の厚さに驚きました。あまり下手な内容は書けないですね。

 今年に入ってから、将来のことをよく考えるようになりました。僕は2年冒頭にして化学の道から離れることを決意し、公務員になることを目指して勉強を進めています。その一環で、法律(憲法など)や政策の立案過程などを勉強しているのですが、こうしたものを学んでいる中で、一般的な物事の考え方が洗練されてきているような気がします。今までの理系学習では、大学も含め①定義や定理の理解暗記→②問題への当てはめというほぼ脳死プレイを繰り返してきたので、今やっているような頭の体操をしたことが結構効いているみたいです。
 現在、ボート部では「スペシャリスト計画」を実施しています。この計画を簡潔に説明すると、部員を「陸トレ部門」「漕法部門」「生活部門」「栄養部門」の四部門に割り振り、現在の艇庫・ボート部の現状や問題点をそれぞれの部門の視点から洗い出し、より良い活動環境の構築に向けた取り組みを実施するというものです。目的は様々ありますが、 これらの活動を通して部員全員がボート部の活動に責任意識と意義を見出し、それを持ってボート部員であることの自覚を高めることが主な目標です。
 現行のスペシャリスト計画は僕が川島から引き継ぎ11月頃に始動した第二弾のもので、今は各部門が取り組み内容を策定し、まさに実践活動を開始しようとしているところです。しかしながら、各部門の取組内容を概観してみると、取組という手段が先行していて、ボート部の活動に対する課題を十分に考察していなかったり、考察内容と手段が連結していなかったり、手段が不十分・過剰であったりと、あまり効果的な取組となっていないような感触を覚えています。僕はどこの部門にも所属していないので、それぞれの部門に適切に干渉し、部門全員が頭の体操を十分に行い、意味のある取組を実践できるように励んでいこうと思います。

 真面目な話ばっかりするのが僕の悪いところですね。あと話が長いのも。
読む気の失せる僕の記事を読んでいただき、ありがとうございました。
最後に一言。












時事は常識として知っておこう 




次回の記事もよろしくお願いします。

IMG_1754
戸田公園っていつ写真撮っても映えますね。僕は南岸から撮る朝焼けと艇庫から撮る夜が好きです。
相変わらず水は汚いですけど。
IMG_2385
 荒川も綺麗ですね。

みなさんこんにちは。2年マネの伊澤です。

最近ブログの更新が滞っていますが、これは完全にブログ担当者である伊澤の怠慢(各部員へのつつき不足)によるものです。楽しみにお待ちいただいている皆様、大変申し訳ありません。今日は埋め合わせかつ責任をとるという意味で伊澤が記事を書きますので、どうぞご容赦ください。

最近、読者登録数が1だけ増え、14人になりました。こういうのって嬉しいですよね。誰がこの記事を読んでくれているのかわからない中で、確定で読んでくれている方が14人もいると視覚的に認識できると、ブログ記事を投稿していてとても安心しますよね〜。毎回ブログを読んでいただいている方は、ぜひ読者登録をしてくださいね!
ちなみに読者登録をすると、LINEに通知が来るらしいです。僕は読者登録していないんですけどね。

最近(というかこのところずっと)、主務の川島が 部の仕事に対し非常に精力的は働きを見せています。例えば、部のホームページを編集・改修するためにCSSやhtmlの勉強をしたり、slackを使用するにあたって必要なbotを導入するためにGASを勉強したり、かなり色々なことをしてくれています。また、マネの小室もよく仕事をしてくれていますね。飯炊やビデオ撮影など、一年生と一緒に仕事をしなくてはならない&向上的に業務を行う必要がある仕事に、とても懸命に取り組んでくれているように見えます。ありがたいですよね。僕も部に貢献できる何かを成し遂げたいですね。

今日、映画「ミステリという勿れ」を見てきました。ネタバレを防ぐため内容には触れませんが、やっぱり面白いですね。ドラマの時から思っていましたが、久能整の物事の考え方と発信方法ってとても参考になりますよね。一見周知の事実だと受け止められてしまうような些細な点にも光を当て、その細部にまで自分の考えを明確に持ち、それに基づいてはっきりと意見を述べる。言葉にすると簡単そうですが、意外とできていないよな、と感じます。
例えば、「新歓でおめでとうライブをYouTube生配信します」と言われたとき、(少なくとも去年の今頃の自分はそうだったが、)真っ先にそのコンテンツ内容を考え始めてしまう癖のある人がいると思います。しかし、「YouTube配信は必要なのか」、さらには、「そもそもYouTube生配信は新歓という大目標に対して有効な手段たり得るのか」というところまで考えられるといいのかな、と思います。長い間伝統的に行われているイベントは、本来の目的に対して十分な成果を得られているのかという効果測定的な考え方が脱落し、「今までずっと行われてきているから」というただそれだけの理由で繰り返されていることもしばしばです。したがって、何かイベントを開催するとなった時には、それが果たして大目標に対して効果的に作用するのかを考える癖をつけた方がいいと思います。久能整のような考え方を体得できると、より実になる物事を生み出せると思います。
(別にYouTube配信を否定する意図は全くありません)
実は、僕は今とある学生団体に所属しているのですが、そこにいるメンバーは久能整的な思考が得意な人が多くいます。団体での活動でこの思考をマスターし、東工大端艇部に何らかの形で貢献することができるようになりたいと考えているところです。

徒然なるままに適当な話をしていますが、日常投稿ってこうあるべきだと私は考えています。だってそれが日常だから。テーマを決めて記事を書いたら、個々人が持っている個性が薄れてしまうんではないかと感じています。できればこれからは、フリーで作成された記事を読みたいですね。

IMG_1434
頑張ってますね。頑張る男はかっこいい!!!

↑このページのトップヘ