東京工業大学 端艇部員日記

東京工業大学端艇部の漕手、コックス、マネージャー、トレーナー達による日常紹介

東京工業大学端艇部での日々を皆様にお届けします

カテゴリ: 2022年度入部者

こんばんは、浜田です。
明日から全日本ローイング選手権が4日間にわたって開催されます。この大会は一年の中で唯一我々が戸田以外でレースをする大会で、レースで使用する艇を艇庫から海の森までトラックに積んで運搬しなければなりません。この作業、本当に体力削られますね。インカレなどで戸田まで運びに来る地方の大学の人たちは本当にすごいと思います。そしてこの大会、去年も漕いでる人は数人いますが、我々のほとんどが初めて出る大会です。私たちはまさかのエイト単騎で出漕します。こんなことをするのは後にも先にもうちだけでしょうね。そんな私たちのクルーを紹介します。

c廣瀬
彼のコールが僕たちをゴールまで導きます。彼のコマンドに忠実な漕ぎをしたいですね。
最近僕は彼にパワハラを受けている気がします。誰か助けてください。
s吉野
彼が一番前でリズムを作ります。2000メートル安定した漕ぎを一番前でしてくれることを期待しています。
7石羽
長い手足から繰り出されるダイナミックな漕ぎ、火力は高い分消耗が激しいのではないのかと後ろから見てて思います。少しでも彼が長く生き延びれるように後ろから支えてやります。
6浜田
2000メートル全力で漕ぎ切ります。明日は1000メートルで死ぬつもりで飛ばしちゃおうかな。死んだ時はみなさんオラに元気を分けてくれ。
5小岩
四天王のNo1、日々蓄えているゆで卵エネルギーで2000メートル飛ばしてくれます。
4洋輔
お尻は一番静かですが、漕ぎは一番うるさい気がします。彼が死なないように同じサイドの人間として頑張りたいです。
3西
情けない日本代表の彼、せめて漕ぎはかっこよくなるようにがんばれ、実は、彼が僕の代の中でキーマンでないかと僕は思っています。
2大石
ここのところ体調が良くない彼の体調は本当に大丈夫なのでしょうか?彼の体調不良にはクルーみんなうんざりしています。この4日間は本当に耐えてくれ。
B安間
四天王のNo2、彼のお尻は破壊力が高く、一発で森林10haが破壊できるとかできないとか。その破壊力を漕ぎで見せてつけてくれ!

以上の9人です。5月は体調不良でほとんど練習できず、絶望的な1ヶ月を過ごしてしまいました。しかし6月になってからは少しずつ前のような感覚を取り戻して、それなりに追い込めたと思います。まだまだ未熟なクルーですが、力一杯漕いでみなさんを感動させられるように一同頑張ります!
それでは明日また海の森で〜
海の森来れない人はYouTube見てね〜
IMG_1604(大)
 

こんにちは、小室です。

東工大ボート部がどんなところかまだあんまり知らないよーって人、多いと思います。

なので、今回のブログでは最近ボート部に入ってくれた新入生、他大ボート部に向けて、東工大ボート部がどのような部なのかを教えるので、耳の穴かっぽじってよく聞いて頂けると幸いです。

-------------キリトリセン--------------

東工大ボート部を一言で言い換えるならば、「内輪ノリ集団」です。

内輪ノリとして代表的なのが、大変汚い話なんですが、「おなら」です。

この話に関しては、部で二大勢力に分かれていて、賛成派と反対派に分かれています。

僕は反対派です。汚いしくさいし

日々、賛成派がおならをする度に、反対派が嫌がり、白熱したバトルが繰り広げられています。

新入生には、艇庫生活が始まるタイミングでどちらの勢力につくかを選んで貰います。

反対派でお待ちしております。

一応中立もいるらしい(?)

汚い話でごめんなさい

そんな内輪ノリの原因は、大体うちの同期なので、うちの同期を紹介しようと思います。

伊澤
学歴厨。これはキャラではない。

石羽
ドS。顔と身長で得している。

大石
巨漢。いつもゴロゴロしながら勉強してる。

川島
ちっちゃい。口癖は「あーしんどいしんどい」

小岩
新歓隊長。早口すぎて何言ってるか聞き取れない

小室
素晴らしい人間。非の打ち所がない。

西
奇人。ヤバいやつ。おもろい。

浜田
一番ヤバいやつ。モラルを知らない。

安間
かわいい。眉毛が太い。

大体同期がどんな感じか伝わったと思います。

こんな個性豊かな人間たちがひとつ屋根の下で暮らしているのだから、ほんとに飽きません。

毎日おもろいし、うるさい。

でも、内輪ノリすぎるので、他大の人達は1歩も入れないでしょう。

だから他大とかと関わらないからあんまりうちの部がどんな部なのかイメージがわかないんでしょうねー

新年生達、頑張って内輪ノリについて来てください。

こんなやばい人達だけど、練習中や、大会の時などは、切り替えて真面目にやっています。

そうやってメリハリをつけて楽しむ時は楽しむ、ちゃんとやる時はちゃんとやる、ということができるところがうちの部の魅力だと思ってます。

-------------キリトリセン--------------

はい、久しぶりのブログでした

全日本、選手の皆頑張ってねー

マネージャー陣も色んな方面でサポートします

読んでくれてありがとうございましたー

写真は最近初めて行われた同期会の様子
S__335880196
 

 こんにちは。最近まぶたが二重になりかけている安間です。僕はもともと一重(奥二重かも)の人間なのですが、なぜか寝不足の状態で起床すると左まぶただけが二重になることが多く、その左右差が気に入らずに一重になるまで目をこすったりして何とかしていました。しかしつい先日、再び寝不足で起きたところ、なんと右まぶただけが二重になっていました。これは人生初の出来事でした。この調子でいけばいつか両方二重のおめめぱっちりで起きてくる日がくるかも

 

 

 まあまぶたが二重になるかどうかはどうでもいいんですが、問題は最近機会が多かったことです。要は寝不足だったということです。その原因は、テストの日程とレポートの期日を重ねるといういじめを受けたからです。これは事故というか人為的に起こされた事件のような気がしますが、5月は他に大事故が2つ僕の身に襲い掛かってきました。

 

 1つ目は、ぎっくり背中です。ゴールデンウィーク最後の日、56日に発症しました。某大学の学内レガッタのアルバイトをしていたときですね。ぎっくり腰は誰でも聞いたことがあると思いますが、ぎっくり背中は初耳の方も多いのではないでしょうか。ぼくが発症したぎっくり背中は、図1に示すように、一般的に腰と呼ばれる部分よりも上の、体をひねるときによく伸びる筋肉の痛みでした。

 

図1

ぎっくり背中の発症部位

 

以前にも冬練のアップでエルゴを引いた際に軽く発症したことはあったのですが、上体を動かすのにいちいち息を止めて腹圧をかけねばならないほどの痛みを感じたのは今回が初めてでした。本当に「ビキーン!!!!!」って感じに強烈な痛みが走りました。

これを発症した原因は、僕の体質的に背中に負荷がかかりやすいらしいということもありますが、直接の原因はエアコン直下、布団もかけずにパンツ一丁で昼寝して筋肉が硬直しきった後にいきなり思いっきり動かしたことです。みなさんもパンツ一丁、エアコン直下での睡眠は控えましょう。僕はあれ以降、暑くても寝るときに決してTシャツを脱がないようにしています。

ぎっくり背中発症後はバイクすらまともにできず、火曜日と水曜日は何も練習ができなかったため風呂に1時間つかり、ストレッチをして接骨院に通いました。それから少しずつリハビリをして、次の週の火曜日にはほとんど痛みは無くなりました。体力は落ちましたが、練習はできるようになりました。

 

 それから1週間後体力が戻ってきた矢先のことでした。艇庫の7,8割の人間が新型コロナウイルスに集団感染しました。これが2つ目の事故です。僕ももれなく発症し、再び筋力が地に落ちました。家で療養中、母が栄養たっぷりのご飯をたくさん食べさせてくれたおかげで意外と体力は無くなっていなかったのが救いではありましたが、エイトでの練習は僕のぎっくり背中あたりから全然できなかったので、再び乗った時はやはり以前ほどうまくいきませんでした。

 

 そして練習再開と同時に襲ってきたのがテストとレポートです。僕が復帰したのが530日だったのですが、31日にまず1つテストがあり、そこから66日、7日にテストが1つずつありました。そして、66日に実験レポートの締め切りがあり、7日に別の授業の期末レポートがありました。これらのやばいところは、7日にあったテスト以外はその1回のテストないしは実験の出来で成績がすべて決まってしまうところです。久々にちゃんとした練習を行って疲れているところにこの仕打ち。あと1日こんな日が続いていたら間違いなく倒れていましたね。

 

 こうして怒涛の厄災ラッシュで5月と6月頭は終わりました。しかし、いいこともありました。それは9日に行われた進水式です。新艇のエイト「燕Ⅲ」が先日届いたのですが、この度ついに水に浮かべました。その時には神社の神主さん?がいらっしゃったのですが、式の最後のほうに「この艇とともに、心を入れ替え、練習に全力で励もう」みたいなニュアンスのことをおっしゃっていました。まるで今の僕たちの状況を知っているかのような発言だと思いました。すぐに燕Ⅲに乗るわけではありませんが、心を入れ替え、全力で練習に励もうと思います。

 

 

 

 そういえば、このブログはちょうど新人たちの自己紹介ブログが出ている途中に出ると思います。僕もちょうど今ブログ更新通知が来て、トップバッター、矢口のブログを拝見しました。非常にやる気に満ち溢れていて素晴らしいですね。100点!僕の自己紹介ブログとは大違いです。他のみんなはどんな内容を書いてくれるんでしょうか。期限を守れない奴はいるんでしょうか(上級生はほとんど守れません)。期待しています。

 

 

おわり 

 こんにちは。テストとレポートで殺されかけた安間です。そのせいでただいま寝不足により頭が痛いです。せっかく苦しみから解放されたと思ったのに。でもそろそろ書かなきゃ次の大会がやってきてしまうので五大学の振り返りをしていきます。1か月以上経っていますが大目に見てください。

 

 

 前回ブログを書いたときには確か新歓のビンゴ大会の直後だったような気がします。試乗会に人が来なくて非常に焦っていた時期ですね。あれから練習はうまくいってたんだっけ?もう記憶にございません。ただ、五大当日の1週間前くらいに浜田あたりが熱出して絶望した気がします。1日で治ってよかったです。そして、もう1つすごく記憶に残っていることがあります。それは、筑波が6:28を出したという情報が回ってきたことです。後から聞いたら、どうやら東工の誰かが6:28を出したという情報を筑波に与えたのが発端だったそうですね。その後、洋輔と筑波のどなたかが話をしたときに洋輔が「今のベストは?」といった旨の質問をし、その人に「6:28だよ」と言われ、その情報を東工で流したようです。その会話の際に洋輔が目に見えて動揺したことにより筑波側は「東工が6:28を出したというのはウソだな」と見抜いたらしいです。つまり、試合当日は、筑波視点では東工は6:28を出せていないとわかっており、東工視点では筑波が6:28を出したことがあると信じ、負ける可能性を強く感じざるを得ない状況でした。要するに、情報戦で大敗北したということです。なにしてくれてんねん。くだらないと感じるかもしれませんが、結構精神的影響は強いものです。もしレースで負けていたら相当イライラしたでしょうね。

 

 

 さて、真面目な話に移りましょう。試合当日は、上記の情報戦を抜きにしても、あまり自信がありませんでした。ぶっちゃけ五分だと思っていました。理由はいろいろありますが、1つ大きな理由として、当日のまあまあな強風があります。僕たちのクルーは非常に風に弱く、練習中も風によって崩れて戻せなくなってしまうことが多々あります。一方、筑波は普段強風の中で練習しているためラフコンに強い。故に、当日ケローしてから不安になりました。

 もう1つ、大きな理由として、クルーの雰囲気で負けているなと感じていたことがあります。僕たちから見た筑波は、みんな仲良くて、練習中も声かけあっていてポジティブで、すごく羨ましいです。まあ筑波の皆さんのブログを拝見していると筑波は筑波で問題を抱えてはいるらしいですが。これが隣の家の芝は青く見えるということなんでしょうか。もしかしたら、筑波から見た僕たちは良い雰囲気なのかな?そうだったら嬉しいな。でも僕が乗艇中にキレて怒鳴ってめちゃくちゃ力任せに漕いだところを見られていたらしいので僕たちの家の芝は茶色く見えているでしょう。最も見られたくないところを見られたものですね。まったく。

 

 レース中は、きつすぎて勝利を諦めようかと思ったりしていました。すみません。でも一切力は抜いていないので許してください。逆風でしんどくて、だんだん筑波が迫ってきた750 m地点あたりは本当に苦しかったです。そして、1000 mあたりで詰められ、こちらも短い距離の間に2回パドルが入ったと思うのですが、そのパドルが終わったときの残り体力は1割くらいでした。再び心に炎が灯ったのは1500 m地点あたりですかね。ラストスパートはすごく気持ちよく船が伸びていましたね。あそこに、長い冬練で追い込んできた成果が表れたような気がします。

 

 

 こうして振り返って改めて、勝てて嬉しかったです。新歓でボロボロになって、自信も喪失して、それでも勝てて本当によかった。当時新歓で来ていた子(今は部員)にめちゃめちゃかっこよくて感動したと言われた時が最高に嬉しかったです。来年、筑波の現2年生が強くなってくるでしょう。その時に、現3年生の僕たちの成長率が彼らよりも低ければ、僕たちは負けます。今年の冬練こそは、エルゴでベストを出して、次の五大には自信満々で臨めるようにしたいです。
図1


来年もこのトロフィーを掲げよう!

と言うためにかっこいいトロフィーの写真を撮ろうとしたんですがどうしても光の反射で僕が映ってしまうんですね。写真って難しいですね。

 

 

 

 

そういえば、今年の五大では前から交流があった人たちだけでなく、外語の一部部員とも仲良くなれました。嬉しいですね。ぜひまた東工大の艇庫に来てね。僕たちが外語の艇庫にお邪魔するのはなかなかハードルが高いから、来てください。よろしくお願いします。

 

 

 

こんにちは。3年マネの伊澤です。
2ヶ月くらい記事を書いていないおかげで、ブログのネタが大量に湧いてきました。
今月はブログ強化月間ということで、最も記事投稿数の多かった1名に伊澤からささやかなプレゼントをあげる予定なのですが、余裕で一位取れそうです。対ありでした。

そんなこんなで、とりあえず今回は今年の新歓について振り返ろうと思います。
今年のボート部新歓では、主にパンフレット・ビラ作成や会計処理を伊澤が担当しました。
東工大端艇部は例年パンフレットを作成しているのですが、今年は伊澤が担当することになったので、盛り込むコンテンツやスタイルの変更など、自分のやりたいようにやってみました。コンテンツの方で大きく変えたのは、「東工大端艇部の歴史」ページを挿入したことですね。

ここで皆さんに問題です!! 
東京工業大学端艇部は、今年で創部何年を迎えるでしょうか?

答えは





↓ 






123年くらいです!!

おいおい、なんだよ”くらい”って

と思った方、僕も同感でした。

現在、東工大端艇部は1901年に創部された、ということになっています。
なぜかというと、実は創部された年がはっきりとしないようなんですね。
というのも、東京職工学校(東京工業大学の源流)時代から学内でボート大会のようなものが開かれていたようなのですが、これが学校(校友会)主催のものなのか、部が主催したものなのか、という明示的な記録が残っていないんです。
当時の資料によれば少なくとも1890年代後半にはかなりボート競技が学内で盛んになっていたようなのですが、 「部」という言葉が資料に記載され残っているのは1901年以降ということなのです。
そういう曖昧な創設経緯を辿って今の端艇部があるわけですが、「東京工業大学端艇部 百年史」を編纂するにあたり、どの年が創部百年かという定義が必要になった時、当時編纂にあたっていた方が「1901年を創部の年にしよう」と決めたことで、ひとまずの決着を得ました。

たかが100年、日本の歴史のタイムスケールと比較してしまえば大変短い時間規模に感じてしまいますが、されど100年。資料を後世に残していくことの大切さをみにしみて感じました。

ところで、今回パンフレットを作成するにあたって先に述べた 「東京工業大学端艇部 百年史」を通読したのですが、これなかなか面白いですね。
元々伊澤が歴史好きだということもありますが、現在自分の所属している組織がどのような過去を歩んできたのか、それを垣間見ている気がして、歴史のページを編集している間はすごくワクワクしながら作業していました。
結局この2ページを仕上げるのにおそらく15時間くらいかかってしまいましたが、自分としてはパンフレットの中で一番好きなページに仕上がっているので大満足です。
せっかくなので、パンフレットの歴史ページを載せますね。
この記事を読んでいる他大学ボート部の皆さん、それぞれのボート部がどのような歴史を辿ってきたのかぜひ伊澤に教えてください!!
スクリーンショット 2024-06-04 17.38.23
※本頁は2024年版新歓パンフレットを作成するにあたり伊澤が編集した資料です。
内容に一部誤りがある可能性がありますので、広く頒布するなどの行為はご遠慮ください。
また、内容に対するご意見などお持ちのOBの方がいらっしゃる場合は、ぜひコメントでご教示ください!


パンフレットの話が結構長くなってしまいましたね。

新歓始まる前の仕事はそれとして、新歓期間中は何してたんだよって話ですが、普通に試乗会に参加してました。頑張りました。たまに奢りました。

伊澤は自他ともに認める会話ヘタ人間なのですが、新歓の時期は結構新入生と会話できたと思います。
なぜなら、話すべきことが大枠定まっているから。
そういう意味では、人と話す機会をたくさん得られたので、自分の会話力成長にも役に立ったなと感じています。
スクリーンショット 2024-06-04 17.57.02


あとは、健康診断ビラくばりの時の練り歩き見回り隊とか、ビンゴ大会の操作卓やったり、アメフトビンゴの補助員の補助(謎)やったりと、色々とやりましたね。
健康診断ビラ配りをやり遂げた石羽くんには頭が上がりません。お疲れさまでした。

そういえばアメフトビンゴの時、構内数箇所に「令和6年度 東京工業大学 入学式」と書かれた立て看板がありました。安間と一緒に構内を歩いていたので、記念に二人して入学式の写真を撮り直してみました。
(安間の写真はここにあります:新歓にかまけて
ここで2年前の自分と今の自分を比較してみましょう!
IMG_3584
IMG_3393(大)
ほぼ変化なし。強いていうなら肌が黒ずんだくらい。



そんなこんなしているうちに、新入生たちが無事入部してくれました。漕手4名COX2名にマネ4名と、相変わらずマネージャーの多い代が続くことになりました(全然悪くないです)。

来週以降、新入生たちから自己紹介の記事が投稿されると思います。ぜひお楽しみに!
 
P.S.
最近、乗艇前のアップでラダーを使っているみたいなんですが、見るたびいつも西くんの腕の動きが変です。誰か下半身と動きの連動している上半身の使い方を西にレクチャーしてあげてください。
スクリーンショット 2024-06-04 18.08.55
 左が石羽で右が西
最新の研究に基づいたティラノサウルスの模型図みたいな手になってますよね 

↑このページのトップヘ